GRAMASの本革Apple Watchバンドは、きっと全色購入する。

LINEで送る
Pocket

Untitled

2020.01.31 発売の本革Apple Watchバンド『GRAMAS Italian Genuine Leather Watchband for Apple Watch』。
GRAMAS旗艦店だと、バンドと金具の色の組合せを選べるとの事で、『GRAMAS GINZA ONE』にて購入してきました!

ネイビーとレッドのバイカラーな組み合わせに決めた!

IMG_5025-(W)

この『GRAMAS Italian Genuine Leather Watchband for Apple Watch』ですが、カラーバリエーションは、ブラック/ネイビー/アイボリー/レッドの4色で、40/38mm、44/42mmの2サイズ展開。

表面生地は、発色の良さと柔らかな質感が特徴のイタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァ産の牛本革レザーで、ほのかに革の良いにおいがします。

さて問題の組合せですが、上パーツをネイビー、下パーツをレッドのバイカラーにして、金具はオールブラックにしました!

IMG_5026-(W)

裏生地は、GRAMASお馴染みといってよい、汗や水に強いPUレザーになっています。裏まで本革だと、夏場の汗でピーピーピーとなるので、個人的にとても嬉しい作り。

Untitled

Apple Watch Series 4 38mmにバンドをつけました。

Untitled

見る方向によっては、バイカラーなのが分からないほど…。

Untitled

本革の時計バンドにありがちな、ステッチもありません。本革とPUレザーは、どうやってつなぎ合わせているのだろう…。

Untitled

バンドを止めるための遊革や定革といったパーツはなく、内側に差込んで、ピンバックルで止めます。きつめに閉めようとして、肉を挟んでしまう場合があるので要注意です。

Untitled

素材の継ぎ目っぽい層が唯一見える、バンド穴部分。

Untitled

ちなみにiPhoneケースもバイカラーな『GRAMAS COLORS “Edge” Hybrid Shell Case for iPhone XS/X』を使用しています。並べてみると、カッコエエ!!!

さらなる組合せを楽しみたい。

これで、3800円(税込)。安すぎる!
全色揃えて、毎日バンドのコーディネートを楽しみたい気分になってきました。
数ヶ月後には、バンドを全色そろえてしまっていると思います。

なお、『GRAMAS GINZA ONE』では決済にPayPayが利用できてかつ、キャッシュレス・ポイント還元事業登録加盟店のため、少しお得に購入する事ができます。


LINEで送る
Pocket