第30回 【国際】文具・紙製品展 (ISOT 2019) 参加レポート! #ISOT

ISOT2019
LINEで送る
Pocket

2019/06/26(水)-28(金)に開催された『第30回 【国際】文具・紙製品展 ISOT』
事務局様にお声がけ頂いて、今年も文具PRサポーターとして参加しました。

前半では欲しくなった商品ベスト3を紹介。
後半は、ツイートからみた製品を振り返ります。

欲しくなった商品 ベスト3

第1位 恩田金属製作所『ブレードペン』

真鍮製のジブンで組み立てるペン。ギミック好きの心をくすぶるその形状に、製品化が待ち遠しいです。
MetaMojiの方に進捗あったら教えてくださいと頼み込んでしまいました(笑)。

第2位 SUGAI WORLD 『Animal Hug』

カッター部分も含め天然由来の繊維からできた特殊紙製ながら、しっかり切れるマステカッター。
ユーモラスな姿で、お尻で切るという斬新なデザインに、マステを切る回数が格段に増えそうな予感。

第3位 ワコムと海外筆記具メーカーがコラボしたデジタルペン

外観は従来の筆記具のままに、デジタルペン化した製品が開発中です。
ジブンとしては、アプリで手書きという場面も少なからずあるので、見慣れた筆記具の姿をまとったデジタルペンは嬉しいです。

ISOTで見た製品をツイートから振り返る。そして時々登場する舘神さん。

水書筆ぺんと、乾くとまた練習できる水書用紙の体験ができました。

おわりに

NEXT switchさんの共同出展ブースは常に人だかりが絶えず、入るチャンスを逸しました。『himekuri』は店頭で見よう…。


そして、来年のISOTは3回(1月幕張メッセ、7月東京ビックサイト、9月インテックス大阪)の開催になるそうです。
また、文具PRサポーターとして参加できることを願って、ISOT 2019のレポートを閉めたいと思います。

LINEで送る
Pocket