カンミ堂 『&NOTE(アンドノート)』を2ヶ月使った感想!

LINEで送る
Pocket

2019年3月にカンミ堂から発売された『&NOTE(アンドノート)』を約2ヶ月間使用した感想です。

『&NOTE(アンドノート)』とは?

A4の書類を二つ折にして、穴をあけずに綴じれるA5のダブルリングノート

ISO規格のダブルリングを採用したノートとなっています。

※ この写真の表紙右下のカンミ堂ロゴマークは、2019年5月に開催された『カンミ堂ふせんミーティング』に参加した際に捺したものです。

利き手と逆のページでも書きずらくないように、真ん中にはリングがありません。
Watermarked1(2019-05-19-2258)-3

カンミ堂といえば、“ふせん”。この商品のキモは『&NOTE FUSEN』という書類を綴じる専用パーツ!
Watermarked2(2019-05-19-2259)
Watermarked3(2019-05-19-2259)

『&NOTE FUSEN』の剝離紙をはがして…
Watermarked(2019-06-09-1246)

2つ折りにしたA4書類を貼りつけます。
この『&NOTE FUSEN』は、名前の通り“ふせん”なので、剥がしてほかの書類に貼りかえることも可能です。
“ふせん”といっても、通常のメモ用途で使う“ふせん”よりは、粘着力があるので、書類が剥がれ落ちることはなさそうです。
Watermarked5(2019-05-19-2259)
Watermarked6(2019-05-19-2259)

『&NOTE FUSEN』にはスリット(切込み)が入っているので、リングから簡単に着脱が可能になっており、簡単に綴じるページを変えることが可能です。
IMG_1624

2ヶ月使用しての感想は?

同時期にB6サイズの綴じノートを使っていたため、ノート部分は使わず(せっかくマルマン製の筆記用紙が採用されているのに…)、A4資料バインダーとして利用しました。

  • 良いところ
    • 書類に穴をあけずに綴じることができる。
    • システム手帳やツイストノート(リヒトラブ)のように穴をあけないので、綴じる過程で“バチッ”という、うるさい音がでない。
    • ツイストノートA5サイズは、書類を綴じる際に3回パンチするのが非常に苦痛。それに対し『&NOTE(アンドノート)』は、“ふせん”に書類を正確に真っすぐ貼るのを目指さなければ、それほどストレスなく書類を綴じれる。
    • 書類を綴じた際に外側の面があうように、ノートがワイドサイズになっている。ノート間に書類を綴じても、ストレスなくめくれる。
    • スリットで、好きなページに書類を綴じることができる。
  • 改善を望むところ/個人的な要望
    • 表紙が少し柔らかめなので、鞄に出し入れしているうちに角が折れてしまう。
    • 上記に関連して、ポリプロピレン加工の表紙版を出してほしい。

いま使っている綴じノートをが終わったら、『&NOTE(アンドノート)』ノートの部分もあわせて使っていこうと思います。


LINEで送る
Pocket