『自称工作師』プロデュースの本革両面ペンケース。そのアイデアに脱帽。

LINEで送る
Pocket

『自称工作師』と『日本茶色普及協会』

『日本茶色普及協会』をご存じですか? 『日本茶色普及協会』とは、茶色好き(通称:チャイラー)が安心して暮らせるよう、茶色い製品を公認したり、茶色の色展開が少ないメーカーに働きかけをする”団体”です。
会長を務める小野忠さんは、『自称工作師』を名乗り、趣味の文具工作について情報発信されていて、枻出版社から出版もされています。

また、小野さんのInstagramは、ひたすら茶色なものの写真をアップしていて圧巻です。

自称工作師プロデュースの本革両面ペンケース

今回紹介するペンケースは、もともと小野さんが趣味の工作で作ったペンケースをみた革工房の方が、小野さんに声をかけて製品化されたものです。3本差しと5本差しがありますが、ジブンは3本差しを購入しました。

主なスペック

項目 3本差し 5本差し
カラー 茶色 茶色
素材 牛革(ミネルヴァボックス) 牛革(ミネルヴァボックス)
価格(税込) 6,000円 7,800円
サイズ 160×80×4mm 160×115×4mm
重量 約25g 約35g
その他 オプションで、dカン金具取付を選択可能。
主なスペックは上記のとおり。3本差しだけ、dカン金具をオプションでつけることができます。

2本差しとおもいきや、実は3本差し!

2020-05-11_09-23-21 ぱっと見、2本差しの本革ペンケースに見えますね。 イタリアの高級レザー『ミネルヴァボックス』を採用しており、革の香りもまた良好。

Images564065408 長めや太めの筆記具も収納しやすい。プラチナ万年筆の『キュリダス』もバッチリ収納可能です。 オプションのdカン金具をつけましたが、まだぶら下げての使用はしていません。

Images2129272900 上から見てみると…3本目を発見!

Images-2003717630 そうです。ペンを2本直列に挿して生じる裏側の段差を、ペン挿しにしてしまっているのです。目から鱗が落ちました!

Images-1559767009 ロールペンケースや、ジッパー式のペンケースと違い、3本差した状態でも厚みはなく、いろいろな隙間に入れやすいです。
また、差してあるペンに上からダイレクトにアクセスしやすいので、ジブンはシステム手帳本体とリフィルを入れているジッパーケースの隙間に忍び込ませています。


LINEで送る
Pocket