『MagEasy』マグネットパーツを使ってデスクと手帳周りをジブン仕様に整理する #PR

LINEで送る
Pocket

Makuakeでクラウドファンディング挑戦中の『MagEasy』を開発元のLHiDS CREATIVE様からご提供いただいたので紹介します。

最初に、日本語向け製品名についてひとこと言いたい!

『MagEasy』は、「収納スタンド」と「収納手帳」の2製品があります。 それぞれの箱に記載されていますが、「収納スタンド」の元の名は「MagEasy Board」で、「収納手帳」は「MagEasy Folio」です。絶対、元の名前の方がかっこいい。 “Folio”というのは、2つ折りの本とか用紙を意味する単語ですが、十分通じるのではないでしょうか。 日本企業でグローバル展開しているWacomの製品に「Bamboo Folio」というのがあるくらいですし。 クラファン終了後に、一般販売される際は、ぜひとも元の名称でお願いしたいです。

「収納スタンド(MagEasy Board)」

MagEasy 「収納スタンド」と「収納手帳」は大きさは異なりますが、このような箱に入っています。 国際的なデザイン賞「Red Dot Award 2020」を受賞しており、それを証明するステッカーが貼られています。 この「Red Dot Award 2020」ですが、日本の製品では、デザインフィル『PLOTTER』の「ボールポイントペン」および「メカニカルペンシル」が受賞しています。 MagEasy 「収納スタンド」はたたまれた状態で入っていて、マグネットをうまく利用したスタンド機能で、自立させることができます。 MagEasy 机などに置いた際の視認性をもちつつ、スペースをとらない60度の角度で自立するように設計されています。 MagEasy 「収納スタンド」付属のパーツです。もちろん、「収納手帳」でも利用可能です。 一番大きいパーツは、ボックスになります。 MagEasy 実際に配置してみました。ジブンは、文具寄りにしました。 ボードとマグネットパーツの間に挟むだけではく、マグネットパーツの上にくっつけることもできます。 ボールペンやシヤチハタはマグネットパーツの上にくっつけることで、マグネットパーツをいったん外す動作なしで、素早く手に取れるようにしました。

「収納手帳(MagEasy Folio」

MagEasy MagEasy 「収納手帳」の方のパーツは上記のとおり。 もちろん、「収納スタンド」に添付されているパーツを「収納手帳」で使うこともできます。 MagEasy 「収納手帳」はA5サイズ(見開きA4サイズ)です。 「収納手帳」を開いて、右側部分がノート用になっています。マグネットペーパークリップでノートを固定する前提のため、右側はマグネットを貼りつけられる箇所が限られています。 左側は全面にマグネットーツを貼りつけ可能です。 カードホルダーは、RFIDブロッキング機能付きですが、カンミ堂のココフセンカードを入れました…。 こちらにもユニボールワンを収納していますが、落下防止のためクリップをマグネットパーツに挟むようにしています。 右側のノートをとめるマグネットペーパークリップですが、少し大きめなので結構上の部分が隠れ気味です。市販のクリップボードをマグネットペーパークリップでとめて、その上にノートを挟もうかと思ってます。 MagEasy 付属のノートには8パータンのテンプレートがあります。メーカーサイトから、テンプレートをダウンロードできます。 MagEasy 留め具となる磁石パーツは、開閉用に磁力を弱めにしているのか、少し外れやすい気がします…。

配置をカスタマイズするのが楽しすぎる…!

こちらの記事では、それぞれ1パターンずつの写真しか載せていませんが、いろいろなものを挟んでくっつけたりしてみました。 気づくと数時間、経過していました(笑)。 今回の記事では「収納スタンドと」「収納手帳」それぞれ、ほぼ別のものを固定していますが、外でも中でも使う頻度の高いお気に入りの文房具やガジェットを、「収納スタンド」に固定しておいて、外出時に「収納手帳」に移して、持ち運ぶというのも良いかもしれません。

クラウドファンディングは、8月24日まで!

『MagEasy』のクラウドファンディングは、8月24日までです。 気になる方は、忘れないうちに応援購入しておきましょう。
LINEで送る
Pocket