コクヨのデジタルノート「CamiApp S」の専用ペンは電子部品入りだった!

LINEで送る
Pocket

もうすぐ発売1周年(2014年9月5日発売)のコクヨのデジタルノート CamiApp S をなぜか2台(※)所持している、Ryu16.くどい。です。

※ iOS版ノートブックタイプ、Android版メモパッドタイプ
CamiApp Sについて詳しくは本家サイトを見て頂くとして、仕様を簡単に書くと、本体のセンサーが、専用ペン先のセンサーの動きを読み取って、手書き文字をデータ化する仕組みになっています(電磁誘導方式。詳細はググってみてください) 。
使っている間に、中がどうなっているのかとても気になったので、本体は分解すると元通りに出来そうにないため、専用ペンの方を分解してみました。
分解前
すでに何回か分解したせいか、上部の付け根にヒビが入っているため、マステで補強しています。
分解後
軸に銅線がセットされており、上部の電子基板?から、ペン先のコイルまでつながっているのが見えます。


電子基板?あたりのアップ

電子基板?が存在するものの、電磁誘導方式のため、ペン部は電池いらず。

この先まで分解するのは止めておきました…。後日、挑戦するかも。

ペン先のアップ
iPhone6で撮影したためボケていますが、コイルが見えますね。
分解してみて、思ったこと。

このペンが数千円することを初めて知ったとき、なぜこんなに高いの!?これは落としたら悲惨…と恐れの慄きました。しかしながら、中の構成部品の価格/調達コスト、組立てコストなどを想像すると、確かにこの価格なのも仕方がないなと思うようになりました…。

LINEで送る
Pocket