充電ケーブル類を上手に仕分けて収納できるガジェットポーチ『POWER PACKER』 #PR

LINEで送る
Pocket

充電ケーブル類を上手に仕分けて収納できるガジェットポーチ『POWER PACKER』をレビュー用にご提供いただきましたので、紹介します。



2021年2月26日まで、復刻カラー発売を記念して、Makuakeでクラウドファンディングを行なっている製品です。

Makuakeでは、すでにAmazon等で発売中の定番カラー3色と2021年3月発売予定の復刻カラーカモフラージュの先行予約クラウドファンディングとなっています。

また、クラウドファンディング限定特典として、プレミアムラゲッジタグと非接触対策用タッチペンがつく、大変お得なセットになっています。

それでは、『POWER PACKER』の特徴をみていきます。今回はレビュー用にボルドー色を頂きました。

2部屋3スポットの収納スペース


IMG_9915-(W)


IMG_9916-(W)


IMG_9917-(W)

『POWER PACKER』は、取手がついています。取手がついている方の部屋は、先頭の3分の2だけ開けられるようになっています。

もう一方の部屋は、フルオープンで開けて、2種類のスポットに分かれています。


IMG_9918-(W)

二つのバンドを使って長いケーブルを収納するか、短めのケーブルを1本のバンドだけで収納するか、悩みどころ。短い間にはペンをさせるバンドも。


IMG_9919-(W)

裏側にも薄いものが入れられそうなスペースが。


IMG_9920-(W)

メッシュのファスナーポケットや、USBメモリやSDカードを収納できるスペースがあります。


IMG_9928-(W)

外側にはストレッチ素材が使われているので、外側がゴツゴツ出っ張るのを気にしなければ、かなりの容量を収納することが可能になっています。

実際に収納してみた!

それでは、実際に収納してみたところを見てください。


IMG_9923-(W)

取手側には、cheeroのモバイルバッテリーと、AnkerのACアダプターを収納しました。

小さいものを複数入れると、奥のを取り出すのが面倒なので、この組み合わせにしました。


IMG_9924-(W)

フルオープンするスポットですが、まずは片方まるまる使って90cmのケーブルを収納。

間にはポールペン。

もう片方には、香水アドマイザー、ハサミ、短めのケーブル、体温計を収納しました。


IMG_9927-(W)

こちらのスペースには、巻取り式ケーブルや南京錠を収納することにしました。


IMG_9926-(W)

もう一方のスポットですが、メッシュのファスナーポケットには錠剤、バンド部分にはSDカードとUSBメモリ、ピンセットを収納しました。

ゴツゴツするのは嫌なので、外に近い面は何も収納しないことにしました。

バンドやファスナーポケットがないタイプのポーチに、ガバッとケーブル数本や薬を収納すると、目的のものを取り出すときに、それ以外をよけつつ探す必要があります。

『POWER PACKER』であれば、バンドで収納場所を固定でき、視認性が高まるので、収納物を探す時間がとても短くなります。

Makuake限定特典

今回のMakuakeでのクラウドファンディングでは、限定特典として、プレミアムラゲッジタグと非接触対策用タッチペンがつきます。


Untitled

プレミアムラゲッジタグは、アルミ製でなかなか丈夫そうです。タグにはメアド、住所、名前、電話番号を書き込めますが、カバーに収納すると、名前部分しか表示されない優れものです。


Untitled

非接触対策用タッチペンは、ボールペンとタッチペンの2機能を持っています。

クラウドファンディングは、2021年2月26日まで!



当記事執筆日時点で、クラウドファンディング終了まで、2週間を切っています。

当記事をご覧になって気になった方は、真っ先にMakuakeのページを見てみてくださいね!


LINEで送る
Pocket